頭痛、首・肩こり、頸椎すべり症、手・腕の痺れ、背中の痛み、坐骨神経痛|福井市で整体・骨盤矯正なら『きぼう整体室』、肩こり、腰痛、骨格のゆがみを無痛施術で根本改善

0776-53-8470

当院の考え方

頭痛、首・肩こり、頸椎すべり症、手・腕の痺れ、背中の痛み、坐骨神経痛

当院の考え方

60歳代後半の男性・越前市

【主訴】頭痛、首・肩こり、頸椎すべり症、手・腕の痺れ、背中の痛み、坐骨神経痛

何年か前に来られた人で、体を触り始めると凄く硬いのに驚く

体の歪みは、後頭骨⇨ 頸椎(首の骨)1番目⇦ 4番目⇦ 5番目⇨ 6番目⇦ 7番目(後方斜めに滑って出ている)

(例)すべり症を例えると、背骨をドカンに見立てて説明をすると、平地にドカンを1列に並んでいる状態で、ドカンに電線(脊髄神経)を通っているとする、何らかの原因で1つのドカンの所だけが地盤沈下したみたいになると、ドカンの中を通っている電線(脊髄神経)にせん断的な力が加わると障害が出てきますよね。このような状態が痛みや痺れを引き起こしているかもしれないということです。

これらの歪みを1本、1本狙って矯正をして全てを整えることが出来た。

この様なすべり症の歪みを整えることは本来は大変な事なのかもしれませんが、きぼう整体室では読み取れた歪みに対して、正確に1本、1本、狙って矯正をするので、1回の施術でも整えられるものは全て狙って整えていきます!!勿論、1回で整えられない事もあると思いますが、患者さんにとっては凄くお得だと思います。

腰の周の歪みは、腰椎(腰の骨)2番目⇨ 3番目⇨ お尻の仙骨⇦ 骨盤(腸骨)右側が後方に傾き、これらも狙っての矯正で整えることが出来た。

だが、背中を揉み解している時に気になった、指の入らないガチガチの凝りの原因を診つけることが出来ませんでした。おそらく硬くなった筋肉で歪みが隠れているのだと思いますが、ぎっくり腰の時に無理をして動き回ろうとすれば、体を起こすために腰骨の両サイドの筋肉が頑張って硬くなります。勿論、炎症でも、すると歪みを隠してしまう事があるのです。たまに病気が隠れている場合もあります。大概は読み取れた歪みを整えていくと、その周辺の筋肉が弛むので、隠れていた歪みを診つけることが出来るように為るのですが、長い間、放置状態の体なので弛み始めるのに時間が掛かるのだろうと思います。

口数の少ない人で、あまり喜んでいるのか分からないのが残念でした。でも、すべり症が1回で変わっているのだから、もっと喜んで欲しいなと思いました(涙)

ページトップへ戻る