お正月に、ぎっくり腰|福井市で整体・骨盤矯正なら『きぼう整体室』、肩こり、腰痛、骨格のゆがみを無痛施術で根本改善

0776-53-8470

お客様のご感想

お正月に、ぎっくり腰

お客様のご感想

30歳代の女性・お正月での里帰り中

【主訴】お正月で実家に帰って来られて、直ぐにインフルエンザになり、その後、ぎっくり腰で動けなくなった。

玄関を入って来られた時から、痛みに耐えているな、といった歩き方で、少しの間は仰向けでもいけそうだったので、仰向きで施術をスタート。

(施術者)ぎっくり腰の時に仰向け姿勢は良くないのだけど、どうしても整えておきたい歪みに対して説明をしながら

肩と首を揉み解し、腰回りの筋肉に関係していそうな歪みを優先的に矯正、頸椎(首の骨)1番目⇦ 2番目⇦ 後頭骨⇨ これらを狙って矯正。

その後、他の歪みも矯正をして整う。

この時点で、足の長さを確認すると、足の長さがほぼ整っている。

その後、うつ伏せに為ってもらい、体を順番に揉みほぐしていき、腰の周辺の歪みを丁寧(正確)読み取っていき、腰椎(腰の骨)4番目⇨ 5番目⇨ 骨盤(腸骨)左側がのけ反り、右側が前方に傾いていたので、これら全てを順番に狙って矯正、完璧に全てを整えることが出来た。

上の上、丁寧(正確)にあたりまえだけど歪んでもいない骨に矯正をしたり、歪んでいる骨に対して、さらに歪んでいる側に矯正をしてしまったら、瞬間的に腰痛の悪化が確定するだろう。僕らの仕事は、正確に骨の歪みを読み取る力と、正確に歪んでいる骨だけを正しい方向に整えられる技術が必要だと思う。

矯正後、

(施術者)腰はどんな感じ?

(患者さん)全然、楽です。少しは痛みが残っているけど、楽です。足も上がるし、動けるし、全然、楽です。

(施術者)腰回りの歪みが全部整っているから、炎症の引きも早いはずだから、などと説明する。他にも、温湿布を貼ったのだけど良かったのか?、骨盤ベルトの使い方などの質問に答えさせてもらった。

ページトップへ戻る