右側股関節痛、両太ももの痛み、首肩の痛み、左手薬指・小指の痺れ、自律神経失調症など、200mくらいしか歩けない。|福井市で整体・骨盤矯正なら『きぼう整体室』、肩こり、腰痛、骨格のゆがみを無痛施術で根本改善

0776-53-8470

症例紹介

右側股関節痛、両太ももの痛み、首肩の痛み、左手薬指・小指の痺れ、自律神経失調症など、200mくらいしか歩けない。

症例紹介

50歳代の女性
【主訴】
右側股関節痛、両太ももの痛み、首肩の痛み、左手薬指・小指の痺れ、自律神経失調症など、200mくらいしか歩けない。
来院されて3~4ヶ月後に地下鉄の駅の階段で娘さんに
お母さん階段上っていると言われてビックリしたそうです。
気がついたら娘さんよりも早く歩いていたそうです。
今までだったらゆるい坂道でも娘さんに手を引いてもらっていたのに
信じられないと嬉しそうにありがとうございますとお礼を言ってくださいました。
ちなみに股関節痛以外は最初の段階でほぼ気にならない程度になっていたと思います。
本当に大変なのは可動性のなくなった股関節です。
体は全身硬く歪みも多い体で、あおむけに寝た状態で膝を曲げ、かがとをお尻に近づけた状態で10度くらいしか膝頭を倒せない状態でした。
2~3ヶ月経った頃には少し開くようになり50度くらいは開くようになっていたと思います。
でも、まだまだなのでこれからも頑張ります。

ページトップへ戻る