頭痛・首凝り・肩こり・腰痛・臀部の張り・全身の疲れ|福井市で整体・骨盤矯正なら『きぼう整体室』、肩こり、腰痛、骨格のゆがみを無痛施術で根本改善

0776-53-8470

症例紹介

頭痛・首凝り・肩こり・腰痛・臀部の張り・全身の疲れ

症例紹介

【Yさん】 
40歳代後半・男性・会社役員

【主訴】 
病院でのレントゲン検査で頸椎の上の方と腰椎の下の方が椎間板が潰れていて骨と骨がひっいていると診断された。頭痛・首凝り・肩こり・腰痛・臀部の張り・全身の疲れ
今年の1月半ば頃からしばらくの間週一ぐらいで3ヶ月ぐらい通われていたが仕事が忙しくなり半年間も間が空く

【施術内容】 
全身のマッサージと首の骨が(頸椎) ガタガタのうえ椎間板が潰れていて骨と骨の間がひっいていると
診察されているということで、首を揉み解しながら骨の可動性の確認、骨と骨の間が関節としての働きがあることを確認できたので、
骨を1本ずつ狙って最小限の力での矯正を繰り返した。

最初のうちは矯正の力を抑えてやっていたために動きも少なかったが、関節にある程度の可動性が回復してからは歪みに対して取りにいく矯正をするようになった。
腰も下の方が椎間板が潰れていて骨がひっいていると診察されたとゆうことで、首と同じく力を抑えての矯正で関節の可動性を確認しながらの施術を繰り返していた。
最初の1回目の施術後には楽になったの言葉をいただけていた。

その後は通常の矯正が出来るようになって4月頃には趣味のゴルフを復活させていた。その後は忙しいからと言ってこなくなった。

で、今回、僕の所に来られる前にも病院で1週間に2回のブロック注射を受けていたと言っていた。
でも、1週間に2回のブロック注射は酷いですよね。何件か2回打ってくれるところはあるみたいですが、、、

今回も施術後に今は本当に楽、また、通うわと言って帰られた。

ページトップへ戻る