肩から腕にかけていたい。病院で首の骨が歪んでいると言われた。|福井市で整体・骨盤矯正なら『きぼう整体室』、肩こり、腰痛、骨格のゆがみを無痛施術で根本改善

0776-53-8470

症例紹介

肩から腕にかけていたい。病院で首の骨が歪んでいると言われた。

症例紹介

60歳代の女性・坂井市

【主訴】肩から腕にかけていたい。病院で首の骨の4・5・6番が歪んでいると言われた。

この日の首の歪みは、頸椎(首の骨)1番目⇐ 2番目⇐ 3番目⇒ 4番目⇐(歪み大) 5番目⇐(歪み大) 6番目⇒(歪み大)

肩、首と筋肉を揉み解していき、頸椎(首の骨)の歪みを順番に1本、1本、(歪みが同じ方向に連なっている場合は、2本を一度に)狙って整えていき、脚、腕へと施術を進めていく。

仰向けでの施術が終わり、今度はうつ伏せになってもらう時に、あぁ、こうやって手を突くと痛くて出来なかったと、言われるので、骨が整うとこんなもんやって!勿論、頸椎の歪みも手首も矯正はしています。

その後、背中面を揉み解し、腰の骨を読み取り、腰椎(腰の骨)5番目⇒ の歪みを整えた。

次いで胸椎(背骨)2番目⇐ 4番目⇐ の歪みも狙って整えることが出来た。(このような場合、肩甲骨の動きにも制限が(肩の可動性が減ったり、肩甲骨はがしで固まっているところが弛みやすくなる!)出るのと、2番目⇐ 4番目⇐ この間の3番目は歪みが無いために、この骨は動かしてはいけない!!この骨を動かせれば歪みを作ることになる!!だから骨の1本、1本狙えなければいけないのです!!

術後、喜んでもらえました。

ページトップへ戻る